Lumi-Light PLUS ウェスタンブロッティング基質

Lumi-LightPLUS Western Blotting Substrate
POD標識二次抗体を使用して、メンブレン上にブロットされた抗原を化学発光検出するためのウェスタンブロッティング基質

シグマアルドリッチよりご購入ください
12015196001
100 ml (1,000cm2メンブレン)
保管温度冷蔵 (2-8℃) 毒劇なし

背景

化学発光を定量する技術が進むと,その基質も進化しなければなりません.例えば,従来の増幅ルミノール基質は30分で急激に減少します.それに比べLumi-LightPLUSは9時間以上安定で,露光には数分しか必要でないため,複数回の露光が可能となります.またそれに加え,より長い露光が可能なため希少なタンパク質を,少ない量の抗原や抗体で検出できます.Lumi-LightPLUSのエミッション波長は425 nmです.


図1. Lumi-ImagerTMで分析した,典型的なLumi-LightPLUSシグナルの応答カーブ.

アプリケーション

PVDF,ニトロセルロースメンブレンにブロットされた抗原の高感度定量.

特 徴

感度
一次抗体の親和性によるが,1-5 pgの抗原が検出可能です.テスト回数:試薬は10×10 cmサイズのメンブレン10枚分に十分な量です.
品質管理
各ロットはマウスあるいはウサギの一次抗体を用いて,機能試験されています.
保存/安定性
4℃でラベルの保証期限まで安定です.

セット内容

  1. Lumi-LightPLUS ルミノール/エンハンサー溶液,50 ml
  2. Lumi-LightPLUS 安定化過酸化水素溶液,50 ml


図2. 50 pgを検出.
様々な量のβ-ガラクトシダーゼをSDS-PAGEで分離し,PVDFメンブレンにブロットした.このブロットを抗β-ガラクトシダーゼモノクローナル抗体(3 mg/ml)および抗マウスIgG-POD(100 mU/ml)とインキュベートした.検出はLumi-ImagerTMにて10分間露光した.

Lumi-LightPLUSウェスタンブロッティング基質の利点

  • 希少なタンパク質を検出 Lumi-LightPLUS基質は1-5pgの抗原を検出する.
  • 複数回の露光が可能 シグナルは基質添加後9時間以上安定.
  • サンプル試料を減らせる 5 pg以下の抗原を検出するため.
  • 一次抗体量を減らせる Lumi-LightPLUS基質の強いシグナルのため,発色系より10-100倍希釈する事が可能.
  • 基質溶液の調製が容易 コンポーネントを1:1にミックスするだけ.

関連情報