BrdUラベリング&ディテクションキット II

5-bromo-2’-deoxy-uridine (BrdU)を取込ませた細胞DNAを免疫細胞/組織化学的方法により検出するためのキット

シグマアルドリッチよりご購入ください
11299964001
1 キット(100テスト)
保管温度冷凍 (-20℃) 毒劇毒物

アプリケーション

BrdUラベリング&ディテクションキットⅡ は,細胞DNAに取込まれたBrdUを免疫細胞/組織化学的方法により検出するためにデザインされています.

利点

  • 安全:ラジオアイソトープを使用しません.Non-RI!
  • 操作が簡単:標準的な免疫組織化学のプロトコールに基きデザインされています.
  • 高感度:ヌクレアーゼによるDNA変性効果により,BrdUの高感度検出が可能.
  • フレキシブル:二重染色のプロトコールに応用できます.

製品の記述

  • 特異性:抗BrdUモノクローナル抗体は5-bromo-2’-deoxyuridineを特異的に認識し,5-iodo-2’-deoxyuridine(10%)との交叉性を示します.抗BrdU抗体は5’-fluoro-2’-deoxy-uridineや他の内在性細胞成分(チミジンやウリジンなど)と交叉しません.
  • 試料:細胞培養,粘着細胞,浮遊細胞,器官,移植培養組織切片:凍結またはパラフィン包埋組織切片(BrdUをin vivo 標識したもの)

細胞増殖の研究は,細胞DNAにラジオアイソトープ[3H]-チミジンを取込ませ,オートラジオグラフィーによりモニタリングする方法で行なわれてきました.このRI法に代り,5-bromo-2’-deoxy-uridine (BrdU)をチミジンのアナログとして使用する方法があります.BrdUを取込んだDNAは容易に抗BrdUモノクローナル抗体および酵素/蛍光標識二次抗体によって検出されます.

測定原理

BrdU標識された試料をエタノール固定し,抗BrdUモノクローナル抗体溶液でインキュベートします.キットに含まれる抗BrdU抗体には適量のヌクレアーゼが含まれています.このヌクレアーゼが一本鎖DNAを生じ,細胞形態を破壊することなく抗BrdU抗体とBrdU分子との反応を円滑化させます.次にアルカリホスファターゼ(AP)標識抗マウスIgを抗BrdU抗体と反応させます.最後にAPの基質NBT/X-phosphateを加え,インキュベートします.APの活性により基質は分解され,発色産物を産生します.試料を位相差顕微鏡により観察します.


図1. BrdUラベリング&ディテクションキットⅡ(AP)の測定原理.

キット内容

  1. BrdU標識試薬(1000×濃縮)
  2. 洗浄用緩衝液(10×濃縮)
  3. インキュベーション緩衝液
  4. 抗BrdU (DNA変性用ヌクレアーゼを含む)
  5. 滅菌済みAP標識抗マウス-Ig
  6. NBT
  7. X-phosphate

関連情報

カタログ検索

製品説明書がダウンロードできない場合は、お手数ですがお知らせ下さい。
お問い合わせ窓口