Genopureプラスミド マキシキット

Genopure Plasmid Maxi Kit
プラスミドDNAの大スケール(マキシ)調製用キット

03143422001
1キット (10回調製)
保管温度常温 (15-25℃) 毒劇なし 国内在庫 お問い合わせ 現出荷品有効期限 2017-04-30

この製品は日本ジェネティクス(株)からご購入いただけます。
日本ジェネティクス(株)トップページ
日本ジェネティクス(株)製品ページ

アプリケーション

このキットは“マキシプレップ”として知られる,大量のプラスミドDNA調製に使用されます.改変アルカリ溶解法を用いて,高純度の精製プラスミド(RNA不含)が作成されます.

キットはバクテリア培養から500μgまでのプラスミドDNAの分離用にデザインされています.プラスミドのコピー数に応じて,30~150 ml(高コピー数)か100~500 ml(低コピー数)のバクテリア懸濁液を使用します.精製プラスミドDNAは,すべての分子生物学的応用(トランスフェクション,PCR,制限酵素分析/サザンブロッティング,シークエンシングやクローニングなど)に最適です.

原 理

分離操作は改変アルカリ溶解プロトコールに基づいており,バクテリアは部分的に溶解され,DNAは細胞壁から上澄へ逃れます.より大きなE. coliの染色体は細胞壁内に留まります.ライセートは細胞残渣からきれいになり,プラスミドDNAを含むフラクションをカラムに加えます.核酸は重力フローカラムにパックされたイオン交換シリカ材料に結合します.陰イオン交換多孔体への核酸の結合には,低塩濃度が必要です.夾雑のバクテリア成分を塩濃度を上昇させた洗浄バッファーで除去します.プラスミドDNAは溶出され,塩を除去し,溶出物を濃縮するために沈殿化されます.

キット内容

バイアル番号 バイアル名 容量 単品販売
1 懸濁バッファー 150 ml -
2 RNase A 15 mg
3 溶解バッファー 150 ml -
4 中和バッファー 150 ml -
5 平衡バッファー 70 ml -
6 洗浄バッファー 375 ml -
7 溶出バッファー 200 ml -
8 ヌクレオボンドAX 500 カラム 10カラム -
9 折り畳みろ紙,直径240 mm 10枚 -
10 シール用リング 5個 -

※ローコピープラスミドの場合、Genopureバッファーセットが必要です。

関連情報