Roche NimbleGen ターゲットエンリッチメント

SeqCap EZ System

SeqCapIcon.pngリシークエンスのための
ターゲットエンリッチメント
システム

SeqCap Epi System

MethIcon.pngDNAメチル化解析のための
ターゲットエンリッチメント
システム

SeqCap RNA System

ExprIcon.pngトランスクリプトーム解析の
ためのターゲット
エンリッチメントシステム

HEAT-Seq System

HS_Icon.pngヒト遺伝性疾患やがん研究におけるアンプリコンベースのエンリッチメントシステム

News

オンラインカタログ SeqCap 製品ページ

オンラインカタログ HEAT-Seq 製品ページ

 

Learn

ソフトウェア

オートメーション

About NimbleGen


capture_image.bmp 生命科学研究では、疾患(表現型)とゲノムの変異や修飾状態とを関連付けて理解することが非常に重要です。例えば、これまでの様々な研究により、疾患の原因となる変異の多くは、疾患関連領域やエクソーム(全コーディングエクソン)の一部に生じていることが明らかになってきています。このように、特定の研究対象のゲノム領域に解析対象を絞り込むことは、疾患とその基礎となるゲノムの研究を前進させるうえで大変重となります。

SeqCap システムはハイブリダイゼーションを原理として標的とする解析対象のゲノム領域(ターゲット領域)をエンリッチする手法であり、Roche NimbleGen 独自のプローブ設計と合成技術が様々な優位性をもたらしています。SeqCap システムと次世代シークエンシングを組み合わせることで、ゲノム研究を飛躍的に加速させることが可能となります。

HEAT-Seq エンリッチメントシステムは、ヒト遺伝性疾患やがん研究におけるターゲットリシークエンシングにおいて、パワフルな SNV 検出力を発揮する迅速で簡単なワークフローの増幅(アンプリコン)ベースのエンリッチメント法です。Molecular Inversion Probe(MIP)を応用した HEAT-Seq プローブ製品にはカタログパネルの他にカスタムパネルもございます。専用試薬を合わせて使用する事で、信頼性の高いパフォーマンスが得られ、時間やリソースを最大限に活用することが可能となります。

 

Roche Sequencing のホームページへ(英語)