細胞の単離と組織の分散



News


Application Note

リベラーゼ TMを用いての幹細胞単離


> Read more

組織分散と細胞単離は、タンパク質分解酵素を使用した細胞生物学的アプリケーションの一つです。 細胞外基質の分解と細胞の確実な単離は、プライマリ/セカンダリ・カルチャーの区別に関わりなく必須の要素です。

> Tips from the Developer

開発の背景と、スペック表では説明できない特性など



> Tissue Dissociation Selection Guide

組織分散酵素の概要(英文)

一般的に用いられる、細胞浮遊液を作成するための手段


  • メカニカルな分散~ストレーナーやスクレーパーを使用する 方法

  • ケミカルな分散~二価陽イオンの消失状態を利用する方法

  • エンザイマティカルな分散~コラゲナーゼ、トリプシンなどの消化酵素を単独で、あるいは数種類組み合わせて使用する方法

多くの組織分散においては、上記の3手法のうち複数を組み合わせて使用します。手法の実際の微調整は、組織の状態や、単離後の細胞の用途など個別の要件に合わせて調整が必要となります。(Reference: MM Bashor, 1979; JW Pollard and JM Walker, 1984; RI Freshney, 1994; C Ricordi, 1995; MWC Hatton et al., 1983).



Tissue Dissociation Overview


Product
酵素純度 中性プロテアーゼ (Thermolysin) 中性プロテアーゼ (Dispase) 哺乳類由来組織不使用 酵素分解の強度
Liberase DL Research Grade pure - - +
Liberase TL Research Grade pure - ++
Liberase DH Research Grade pure - - +++
Liberase TM Research Grade pure - ++++
Liberase TH Research Grade pure - +++++
Collagenase A crude - - - +
Collagenase B crude - - - +
Collagenase D crude - - - +
Collagenase H crude - - - +
Collagenase P crude - - - +
Dispase® I pure - - 濃度による
Dispase® II crude - - 濃度による
Liberase MTF C/T (2:3), GMP Grade pure - ++
Liberase MNP-S GMP Grade pure - ++++